人身事故の損害賠償を請求できる権利範囲とは?

人身事故の損害賠償を請求できる権利範囲とは?

交通事故に巻き込まれてしまい、被害者になった場合、当然ながら「損害賠償を請求しよう」という気持ちになってくるものです。しかし、一口に損害賠償といっても、どのような範囲までを示し、どのような項目で請求することになっていくのでしょうか? 加害者にとって有利に働かないよう、被害者が請求できる損害賠償の範囲や項目を知っておくことで、自分にとって不幸を重ねないようにしたいものですね。

交通事故の後遺障害には後遺障害等級というものがあります

後遺障害等級は第1級~第14級に分かれています

交通事故で被害者になってしまった場合、加害者に対する怒りや不満、また「なんでこんな目に合わなきゃいけないんだ……」という落ち込みで、心は激しく揺れ動いてしまうものです。
そんな気持ちの中でも、損害賠償については、きちんとした対処をしておかなくては、後々被害者である自分が不利になってしまったり、よけいに落ち込んでしまうようなことにもなりかねません。
交通事故の損害賠償で大切なのは、被害者であるあなたが加害者に請求できる損害を決して漏らさないようにすることだと言われています。つまり、受けた損害は、余すところなく請求しなくては後悔するもとになってしまうようです。
交通事故の賠償額は、被害者が受けた損害ひとつひとつを積み重ねた金額のことで、おおまかに定められた金額ではないとされています。したがって、申告漏れがあればあるほど、被害者が不利になってしまうケースもなくはないのです。

被害者認定と事前認定というふたつの方法

被害者認定と事前認定それぞれで必要書類が異なります

被害者であるあなたが、被害に相当する適正な賠償額を受け取るためには、自分がどのような損害について請求することができるのか、知っておいて損はないでしょう。
交通事故の損害賠償においては、人身損害と物的損害という二つに分かれるようです。また、人身損害は、積極損害と消極損害というものに分かれます。
積極損害というのは、簡単に言うと被害者が支払いをしなくてはならない、必要対象にかかるお金のことを示すとされています。たとえば、治療費、病院などの付添費、将来介護費、入院した際の雑費、将来雑費、通院の交通費、装具・器具等の購入費、家屋や自動車の改造費、葬儀関係費、損害賠償請求関係費、弁護士費用などに分かれていくようです。
一方、消極損害というのは、事故さえなかったら被害者が本来受け取れていたはずの利益や、精神的にこうむった慰謝料などのことを示すようです。
こうした項目を知っておくことで、「これは請求できそうだ」とわかるようになっていくと、不安も減っていくものですよね。

後遺障害の損害賠償額は上限が定められています

要介護の場合は最大で4,000万円の賠償も

さて、被害者請求についてどれくらいの金額がおりるのか。自賠責保険会社から受け取れる、後遺障害の損害賠償額については、次の通りの上限額だと言われています。
◆介護を要する後遺障害の場合

第1級 4,000万円
第2級 3,000万円

◆介護を要しない後遺障害の場合

第1級 3,000万円
第2級 2,590万円
第3級 2,219万円
第4級 1,889万円
第5級 1,574万円
第6級 1,296万円
第7級 1,051万円
第8級 819万円
第9級 616万円
第10級 461万円
第11級 331万円
第12級 224万円
第13級 139万円
第14級 75万円

事前認定か被害者請求かの都合がいいほうを選択

事前認定か被害者請求それぞれメリットが異なります

ちなみに、後遺障害等級を認定するにあたって、事前認定にするか被害者請求にするかは、被害者が選択することができるようです。手間がかかったりすることを考えると事前認定のほうがいいという声もありますが、被害者請求にもいくつかのメリットがあります。

① 被害者請求によって、最終的な示談交渉を行う前に、まとまった金額を払ってもらえることがあり、経済的な余裕が出やすい
② 事前認定の手続きでは、どのような資料がやりとりされたのかはわかりにくいが、被害者請求であれば提出書類を把握でき、不利な認定になりにくい
③ 任意保険会社が自賠責保険の範囲内で強引に示談をまとめようとする動きをしにくい(不利な示談成立を逃れやすい)
④ 訴訟を起こす際、印紙代が比較的安くなる

後遺障害等級の認定にも、被害者に選択枝があるということと、どの程度の金額がもらえるかがわかっていると、不安を少しでも和らげることができそうですね。


交通事故の被害で困った時のたった1つのステップ

交通事故被害者の方は弁護士・司法書士にご相談ください
  1. 治療後に何をすればいいのかわからない
  2. 後遺詳細の等級認定が適正なのかわからない
  3. 後遺症があるのに、保険会社が対応してくれない


弁護士・司法書士に相談するというたった1つのステップで交通事故の示談金が大幅に増える可能性があります、まずは1度、弁護士・司法書士に相談!


交通事故の被害について相談できる弁護士・司法書士を探す