交通事故の後遺障害ってなんだろう?

交通事故被害によって怪我をした場合には、病院で治療を受けます。
治療自体は、当然、怪我が完治するまで続けるわけですが、場合によっては一生治らない後遺症が残ってしまうことがあります。これを「後遺障害」といいます。

後遺障害の等級が知りたい!

後遺障害には、どの程度重いものなのかを表すため、後遺症の症状の重さの程度に応じて、分類分けがあります。
これを、「後遺障害等級」といいます。
後遺障害等級は、障害の重い順に1級から14級まで分かれており、更に1級と2級については、それぞれ”要介護”かそうでないかに分かれます。

介護を要する後遺障害

別表第一では介護を要する後遺障害の等級一覧です。
自動車事故(交通事故)による脳損傷によって重度の後遺障害が残り、治療と常時介護が必要な方のため、療護(りょうご)センターが自動車事故対策機構に設置されています。

(別表第一)

等級 介護を要する後遺障害 保険金
(共済金)額
第一級
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
4,000万円
第二級
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
3,000万円
【備考】
  • 各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であつて、各等級の後遺障害に相当するものは、当該等級の後遺障害とする。

後遺障害の等級及び限度額

交通事故による後遺障害等級は自賠法で定められています。
自賠責保険の後遺障害認定は後遺障害の程度によって1級〜14級まで細かく分かれています。

(別表第二)

等級 後遺障害 保険金
(共済金)額
第一級
  • 両眼が失明したもの
  • 咀嚼及び言語の機能を廃したもの
  • 両上肢をひじ関節以上で失つたもの
  • 両上肢の用を全廃したもの
  • 両下肢をひざ関節以上で失つたもの
  • 両下肢の用を全廃したもの
3,000万円
第二級
  • 一眼が失明し、他眼の視力が〇・〇二以下になつたもの
  • 両眼の視力が〇・〇二以下になつたもの
  • 両上肢を手関節以上で失つたもの
  • 両下肢を足関節以上で失つたもの
2,590万円
第三級
  • 一眼が失明し、他眼の視力が〇・〇六以下になつたもの
  • 咀嚼又は言語の機能を廃したもの
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  • 両手の手指の全部を失つたもの
2,219万円
第四級
  • 両眼の視力が〇・〇六以下になつたもの
  • 咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
  • 両耳の聴力を全く失つたもの
  • 一上肢をひじ関節以上で失つたもの
  • 一下肢をひざ関節以上で失つたもの
  • 両手の手指の全部の用を廃したもの
  • 両足をリスフラン関節以上で失つたもの
1,889万円
第五級
  • 一眼が失明し、他眼の視力が〇・一以下になつたもの
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 一上肢を手関節以上で失つたもの
  • 一下肢を足関節以上で失つたもの
  • 一上肢の用を全廃したもの
  • 一下肢の用を全廃したもの
  • 両足の足指の全部を失つたもの
1,574万円
第六級
  • 両眼の視力が〇・一以下になつたもの
  • 咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの
  • 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になつたもの
  • 一耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が四十センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になつたもの
  • 脊柱に著しい変形又は運動障害を残すもの
  • 一上肢の三大関節中の二関節の用を廃したもの
  • 一下肢の三大関節中の二関節の用を廃したもの
  • 一手の五の手指又はおや指を含み四の手指を失つたもの
1,296万円
第七級
  • 一眼が失明し、他眼の視力が〇・六以下になつたもの
  • 両耳の聴力が四十センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になつたもの
  • 一耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が一メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になつたもの
  • 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 一手のおや指を含み三の手指を失つたもの又はおや指以外の四の手指を失つたもの
  • 一手の五の手指又はおや指を含み四の手指の用を廃したもの
  • 一足をリスフラン関節以上で失つたもの
  • 一上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  • 一下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
  • 両足の足指の全部の用を廃したもの
  • 外貌に著しい醜状を残すもの
  • 両側の睾丸を失つたもの
1,051万円
第八級
  • 一眼が失明し、又は一眼の視力が〇・〇二以下になつたもの
  • 脊柱に運動障害を残すもの
  • 一手のおや指を含み二の手指を失つたもの又はおや指以外の三の手指を失つたもの
  • 一手のおや指を含み三の手指の用を廃したもの又はおや指以外の四の手指の用を廃したもの
  • 一下肢を五センチメートル以上短縮したもの
  • 一上肢の三大関節中の一関節の用を廃したもの
  • 一下肢の三大関節中の一関節の用を廃したもの
  • 一上肢に偽関節を残すもの
  • 一下肢に偽関節を残すもの
  • 一足の足指の全部を失つたもの
819万円
第九級
  • 両眼の視力が〇・六以下になつたもの
  • 一眼の視力が〇・〇六以下になつたもの
  • 両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
  • 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  • 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
  • 咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの
  • 両耳の聴力が一メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になつたもの
  • 一耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が一メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になつたもの
  • 一耳の聴力を全く失つたもの
  • 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  • 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  • 一手のおや指又はおや指以外の二の手指を失つたもの
  • 一手のおや指を含み二の手指の用を廃したもの又はおや指以外の三の手指の用を廃したもの
  • 一足の第一の足指を含み二以上の足指を失つたもの
  • 一足の足指の全部の用を廃したもの
  • 外貌に相当程度の醜状を残すもの
  • 生殖器に著しい障害を残すもの
616万円
第十級
  • 一眼の視力が〇・一以下になつたもの
  • 正面を見た場合に複視の症状を残すもの
  • 咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの
  • 十四歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 両耳の聴力が一メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になつたもの
  • 一耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になつたもの
  • 一手のおや指又はおや指以外の二の手指の用を廃したもの
  • 一下肢を三センチメートル以上短縮したもの
  • 一足の第一の足指又は他の四の足指を失つたもの
  • 一上肢の三大関節中の一関節の機能に著しい障害を残すもの
  • 一下肢の三大関節中の一関節の機能に著しい障害を残すもの
461万円
第十一級
  • 両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
  • 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  • 一眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  • 十歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 両耳の聴力が一メートル以上の距離では小声を解することができない程度になつたもの
  • 一耳の聴力が四十センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になつたもの
  • 脊柱に変形を残すもの
  • 一手のひとさし指、なか指又はくすり指を失つたもの
  • 一足の第一の足指を含み二以上の足指の用を廃したもの
  • 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
331万円
第十二級
  • 一眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
  • 一眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
  • 七歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 一耳の耳殻の大部分を欠損したもの
  • 鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
  • 一上肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの
  • 一下肢の三大関節中の一関節の機能に障害を残すもの
  • 長管骨に変形を残すもの
  • 一手のこ指を失つたもの
  • 一手のひとさし指、なか指又はくすり指の用を廃したもの
  • 一足の第二の足指を失つたもの、第二の足指を含み二の足指を失つたもの又は第三の足指以下の三の足指を失つたもの
  • 一足の第一の足指又は他の四の足指の用を廃したもの
  • 局部に頑固な神経症状を残すもの
  • 外貌に醜状を残すもの
224万円
第十三級
  • 一眼の視力が〇・六以下になつたもの
  • 正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
  • 一眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
  • 両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
  • 五歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 一手のこ指の用を廃したもの
  • 一手のおや指の指骨の一部を失つたもの
  • 一下肢を一センチメートル以上短縮したもの
  • 一足の第三の足指以下の一又は二の足指を失つたもの
  • 一足の第二の足指の用を廃したもの、第二の足指を含み二の足指の用を廃したもの又は第三の足指以下の三の足指の用を廃したもの
  • 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの
139万円
第十四級
  • 一眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
  • 三歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 一耳の聴力が一メートル以上の距離では小声を解することができない程度になつたもの
  • 上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
  • 下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
  • 一手のおや指以外の手指の指骨の一部を失つたもの
  • 一手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなつたもの
  • 一足の第三の足指以下の一又は二の足指の用を廃したもの
  • 局部に神経症状を残すもの
75万円

【備考】
視力の測定は、万国式試視力表による。屈折異状のあるものについては、矯正視力について測定する。
手指を失つたものとは、おや指は指節間関節、その他の手指は近位指節間関節以上を失つたものをいう。
手指の用を廃したものとは、手指の末節骨の半分以上を失い、又は中手指節関節若しくは近位指節間関節(おや指にあつては、指節間関節)に著しい運動障害を残すものをいう。
足指を失つたものとは、その全部を失つたものをいう。
足指の用を廃したものとは、第一の足指は末節骨の半分以上、その他の足指は遠位指節間関節以上を失つたもの又は中足指節関節若しくは近位指節間関節(第一の足指にあつては、指節間関節)に著しい運動障害を残すものをいう。
各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であつて、各等級の後遺障害に相当するものは、当該等級の後遺障害とする。

なぜ等級認定が必要なのか?

いつまでも治療を続けていると、治療費がどんどん膨らんでいってしまい、なかなか損害額が確定しません。
そこで、事故によって残ってしまった障害(後遺障害)がどの位重いものなのか症状固定した段階で障害のレベル(後遺障害等級)を決定し、それを元に自賠責保険の金額や大まかな損害額を明らかにする必要があります。

後遺障害認定を受けるにはどうしたらいいのだろう?

  • 事故の発生
    • 怪我をしているなら、事故報告が「人身事故」として警察で処理されているかを「交通事故証明書」で確認する必要があります。
      気が動転していたりして、事故直後は怪我が無いと思っていても、後遺障害として残ってしまうような症状が後から現れる場合があります。
      もしも、警察への届け出が「物件事故」扱いだった場合には治療費などが保険会社から支払われない可能性もあるため、医師の診断書を持ってなるべく早く警察に行き、「人身事故」扱いに変更してもらうと良いでしょう。
  • 治療中(通院・入院)
    • 治療中は主治医に自分の症状をきちんと伝え、必要な検査を行ってもらい、その証拠を残しておくことが大切です。
      後遺障害の等級認定は、症状固定時の状態のみならず、事故直後の医師の診断や症状、その後の治療経過などの資料も重要な判断材料となります。
      十分な治療が行われたにもかかわらず症状が残ってしまったことを、医師が作成した書面で説明しなければならないため、
      整骨院や接骨院などに通院治療を受ける場合であっても、治療後を見据え、定期的に外科などの病院でも医師の診察を受けることをお勧めします。
  • 症状固定
    • 症状固定の時期に関しては、慎重に主治医に判断してもらうことが大切です。一方、保険会社からの治療費打ち切り要請に対しては、慎重に対応することが必要です。
      症状固定と判断されると、それ以降にかかった治療費や通院交通費などは請求できなくなります。
      そのため、症状固定後の残ってしまった症状については後遺障害と考え、等級認定を受けて加害者側へ別途請求をすることになります。

      治療費の負担軽減のため、加害者の保険会社からは早期に、症状固定や治療費の打ち切りが要請される場合が多くあります。
      しかし、症状固定の時期は主治医が医学的に判断するものです。
      治療効果のあるうちは無理に症状固定とする必要はないため、あせる必要はありません。主治医とよく相談して、慎重に判断してもらうようにしましょう。
  • 後遺障害診断書の作成
    • 記載漏れや不備の無い診断書を作成してもらうことが必要不可欠
      後遺障害の等級認定は、主治医に作成してもらう「後遺障害診断書」を主な判断材料としているため、すべての症状が書類の中に具体的に記載されているかが非常に重要です。

      後遺障害の等級認定に必要となる検査を受けることが大事
      後遺障害の等級認定には専用の検査が必要で、治療に必要な検査とは異なります。
      なお、残存している症状が後遺障害診断書に記載されていたとしても、後遺障害の等級認定のために必要な検査資料が添付されていない場合には、後遺障害を認定してもらうことは非常に難しくなります。
  • 後遺障害の等級認定申請
    • 手続きの申請には請求方法が2種類あります。
      • (1)被害者請求
        被害者自身が申請の手続きを行うもの。
        事前認定を行う場合よりも得られるメリットが大きいと考えられています。
        自賠責保険金が素早く振り込まれる、後の交渉を有利に展開できる可能性がある、といった様々なメリットがあります。
      • (2)被事前認定
        加害者側の保険会社に申請手続きを任せるもの。
        手続きを加害者側の保険会社に任せるため、手間はかからないものの、保険会社が適正な後遺障害等級を得るために積極的に動いてくれることはほとんどないといえます。
  • 認定機関による審査と等級の認定
    • 原則として、後遺障害診断書等の書面による審査が行われます。
      後遺障害の各等級の認定や非該当の判断は、損害保険料率算出機構の内部組織である自賠責損害調査事務所が行います。
      原則、書面審査での判断ですので、後遺障害診断書の記載内容が曖昧であったり、認定に必要な検査結果の資料が添付されていない場合には適切な認定がなされません。
      そのため、適切な認定を得るために、各等級の具体的な基準を踏まえて、適切な書面と資料の提出が必要となります。

自分の後遺障害認定は適正なものなのか?

こうして自賠責損害調査事務所が行った後遺症認定の判断ですが、果たしてそれがあなたの後遺障害認定として、本当に適正なものなのでしょうか。
  たとえば、「痛み」が残る種類の症状の方に多いのが、「雨が降ると痛む」とか「寒くなると痛む」という内容ですが実際には「いつも痛いが、特に天気が悪いと(寒くなると)痛みが増す」という症状である方が少なくありません。
症状の訴え方一つで後遺障害等級の認定に大きな影響を与えることもありますので、被害者の方は適正な後遺障害認定を受けるため、自身の症状を正確に医師に伝えることを重要視すべきです。
万が一、後遺障害認定に不満があった場合には、異議申立をすることが可能です

異議申立とは

認知結果の誤りを指摘、またそれを裏付ける医学的資料の提出が必須です。
認定された等級に不満があったり、等級認定に該当しなかった場合に認定の誤りを指摘し、それを裏付ける医学的な資料を提出することで、異議申立をして、認定結果を覆すことができます。

後遺障害の異議申立に回数制限はありません。
損害保険料算出機構が行った等級認定に対する異議申立については、何度も行うことが可能です。
ただし、自賠責保険・共済紛争処理機構に対しては、再度の異議申立を行うことはできません。ですから、認定結果に不服がある場合には、裁判を起こすことになります。

認定次第で等級が変わるので弁護士に相談してみよう!

自賠責損害調査事務所に提出する資料・書類で結果が変わるため、”何を提出するか”が重要なポイントです。
交通事故問題に強い弁護士は、適正な等級認定を得るための数々のポイントを心得ています。
後遺障害診断書等の明確な記載方法から、見逃しがちな症状を明らかにする手段を具体的に提示することで、認定に大きな影響を与える後遺障害診断書作成時の不備を防ぎます。
そのため、より納得のいく適正な後遺障害認定を望まれるのであれば、後遺障害等級認定に詳しい専門家に、一度ご相談されることをお勧めします。

あなたにあった適正な後遺障害等級を受けることが、交通事故問題解決の近道かもしれません。